2005.07.24

ダメだった

ちょんた、外猫に逆戻り。

ちょんたは人に対してはものすごく愛想がよくて従順でかわいいのだが、ちびらに対しては悪魔だった。

そのうちちびらとうまくやってくれるようになるだろうと期待して、1階(ちびら)と2階(ちょんた)に別居させながら、1日のうち1~2時間、3匹を一緒にさせていた。ちびらはちょんたが近づくとウーだのシャーだのいうが、自分からは決して手出しをしなかった。いつも飛びかかるのはちょんたのほうから。はじめのうちは取っ組みあいになっても一瞬だけですぐ離れ、あとはしばらく唸りあっておさまっていたのだが、だんだん取っ組みあいの時間も程度もエスカレートしていった。

ちびらへの攻撃のしかたも、背後からいきなり飛びかかる、壁の陰にひそんで不意打ちをするなど、どんどん卑怯になっていった。おかげではじめは優勢だと思われたみかんも、おとなしいこたも怯えてしまい、姿が見えなくてもちょんたの声が聞こえるだけでみかんはキャットタワーから下りてこなくなるし、こたは神経質そうな声をあげるようになった。ちょんたはとにかくよく鳴くのだ。寝ていないときはずっと鳴いているといってもいいくらい。

1階のドアを閉めていても、ちょんたは自分で開けて押し入ってくる。わたしがいるときは中からドアストッパーで防げるが、出かけるときはできない(内開きのため)。ドアノブを操作できないようにカバーをしても、何度形を変えて作り直しても破られた。そしてここ数日は、わたしの外出中を狙ってちびらを襲うようになってしまったのだ。

おととい外から帰ってくると、案の定ドアは開いており、ダイニングに毛のかたまりがいっぱい散乱していた。みかんはキャットタワーの上。こたは一見落ち着いているように見えたが、よく見ると左目の下まぶた、眼球まで1ミリのところをひっかかれていたのだ。ここでわたしの我慢はほぼ限界に達したが、もう少しがんばることにした。

きのうは洗濯ネットに入れてみたら、しばらくおとなしくしていたものの、すぐに自由に動き回れるようになり、なんとネットに入ったまま、椅子の上にいたこたを襲ったのだ! もうダメ。もうなにをしても無駄。それまでわたしもいろいろ考えてあれこれ手をつくしたのだ。ちょんたが1階に入れないようにしてもダメだったし、ちびらとの対面のさせかたもいろいろ試したがダメだったのだ。ちびらはストレスで病気になってしまいそうだし、わたしの神経ももたなくなっていた。そこでちょんたを外にもどすことに。

捨てるわけではない。ごはんはちゃんと与えるし、寝床も用意する。ただ家に入れないだけだ。

ようやくちびらに平和がもどってきた。安心して眠るようになり、怖がってあがれなかった2階にもあがれるようになった。これでよかったんだと思う。ちょんたも外のほうがのびのびできるだろう。

| | Comments (7)

2005.07.12

大失敗

050712_133501.JPG
ちびらと仲良くなりたい気持ちもあるちょんた。そろそろと近づいていってチャンスを窺うが、アプローチのしかたを知らないためになかなかうまくいかない。それだけでなく、初日にちびらに対して失礼な行為をしてしまった(*)ため、挽回がむずかしいのだ。

きょうはみかんの背後からこっそり近づく作戦を実行。でもそんな卑怯な手でうまくいくはずがない。案の定、不意をつかれて驚いたみかんの反撃にあう。これでまた振り出しにもどってしまった。許してもらえる日はくるのか?


050712_133901.JPG
きのうのドアノブカバーは破られてしまい、ダンボールで作り直し。


(*)ちょんた初日の失礼な行為
1.肩をいからせてのしのしと家の中を見て回る。
2.なにもしていないこたに、通りすぎざま猫パンチ。
3.興味を持って近づいてきたみかんにいきなり「シャー!」
4.無断でこたのトイレを使う。

それまでなにをされても怒ったことのなかったこたが(猫パンチされても怒らなかった)、みかんが威嚇されるのを見て生まれてはじめて「シャー!」といった。そして、トイレを使われて大激怒。上のようなことをされるまで、ちびらの表情は穏やかだったのに……。

| | Comments (3)

2005.07.10

みかん強し

050710_134401.JPG
どんな体勢からでも反撃に出られる余裕のみかん。


050710_134501.JPG
ちょんたはそろそろと退散。

| | Comments (4)

2005.07.09

まずい!

はじまるか!?050709_141901.JPG

| | Comments (4)

2005.07.05

うなり合い

みかん優勢。050705_193001.JPG

| | Comments (5)