« January 2009 | Main | March 2009 »

2009.02.21

ヘン顔みかん

Sn3g0001s

偶然撮れたみかんのヘン顔。


| | Comments (2)

2009.02.15

きょうの仲良しさん

きょうの仲良しさん

以前はあたりまえだったこんな光景が、今はほんとに幸せに思えます。

| | Comments (6)

2009.02.12

みかんもハート♪

去年のバレンタインデーにこたのハートマークを紹介しましたが、みかんにもありましたー。

090212_080001

090212_080101

ちょっと手で毛並みを整えると現れるハートですが、かわいいでしょ♪

| | Comments (2)

2009.02.10

午後のひととき

090210_135001
ちょいとおじゃま~。(左がこた)

090210_135002
くんくん。

090210_135003
おっけ。

090210_135101
どっしり。

090210_144201
ずべ~。

こた、いい気なもんです(笑)。

こたは病院臭いみかんのことをどう思ってたんでしょうねえ? まったく別の猫だと思ったのか、みかんには違いないけど病院に魂を売った(?)裏切り者と思ったのか、ただ病院の臭いが怖くて、意思に反して体が勝手に反応してしまったのか……。聞いてみたいものです。

| | Comments (4)

元気になりました

みかん、復活です(^-^)v。おととい(8日)の夕方くらいから食欲も出てきて、1回に食べる量は少ないものの、積極的に食べようとします。回数をふやして食べさせていましたが、今朝はけっこうたくさん食べてくれました。きのうは吐かなかったし。顔色もよくてご機嫌です。

あれから毎日通院しましたが、きのうとおとといはこたも同伴。こたも同じ臭いになればちょっとはましかな~と思って。

7日の夕方ごろにはこたの攻撃性もピークを過ぎたようで、それまでは見えるだけで気に入らなかったのが、近寄らなければ大丈夫という感じになっていました。8日には、みかんの首かお尻をくんくんすれば「シャー!」たけど、そばを通るだけなら平気なくらいになりました。そしてきのうの朝には並んですわるように。でもまだお尻をくんくんするとびっくりする感じ(威嚇はしない)だったけど、そのあと一緒に病院に行って帰ってきたら、もう普通にもどっていました。で、きょうは一緒に走り回ったりしています(^-^)。

夕べはわたしも4日ぶりに布団で寝ました。ちびらも布団に入ってきましたよ。けんかもせず。ほんとによかった。時間が解決するとは思っていても、もしかしたら一生このままかも、という不安もあったので。

みかんの通院はきのうで終わりにしてよさそうです。今のところはですが。結局、体調不良の原因ははっきりとはわからなかったので、今よくてもまた悪くなる可能性がないわけではありません。しばらくは注意しておこうと思います(ふだんから注意してるつもりだけど)。



きのうの朝のちびら。

090209_064401n

090209_064301

きょうは元気ですぐいなくなっちゃうので、まだ撮っていません。

| | Comments (4)

2009.02.06

きょうも病院

きょうは朝からみかんの体調はわりとよさそうだったけど、こたのシャーシャー攻撃はあいかわらず。みかんは悲しげな顔をしてじっと黙って耐えているので、ほんとにかわいそう。でもそのうちみかんは2階に落ち着ける場所を見つけ、こたは1階、と住み分け(?)ができたようでした。

2階の日の当たる場所でくつろぐみかんを見て、きのう以来はじめての穏やかな時間だなあと思っていると、午後3時ごろ、また吐いてしまいました。今度吐いたら脱水が心配だから点滴が必要、ときのういわれていたので、午後の診療開始の4時に病院へ。

点滴だけだと思っていたら、またいろいろ検査することになってしまいました。きのうバリウムを飲んで以来、うんちが出ていないので、残っているバリウムの状態を見るためにレントゲンを撮ると、きのうの夕方の時点で大腸にあったバリウムがほとんど移動していませんでした。大腸に何かが詰まっている疑いが出てきて、エコーでもわからなかったので、肛門からガスを入れて腸をふくらませて行う造影検査をすることに。

待合室で待っているあいだ、あとからきた人がどんどん診察をすませて帰っていくし、みかんは検査がすんで待合室に連れてこられたと思ったら、しばらくしてまた連れていかれるし(計3回)で、なんだかたいへんな事態になってるんだと思い込み、わたしはずっと涙をこらえていました。

結果は、腸の詰まりはないということでした。蠕動運動がうまくいかないために、腸に入ったものが流れていかないのと、腸壁がただれているせいで、嘔吐や食欲不振が起こっているようです。ただ、大腸内壁の一箇所に小さな潰瘍状の突起があって、今後ちょっと注意して見ていったほうがいいとのこと。小さいものだし、今回の症状がおさまれば問題はないといわれたけど、すごく気になります。悪性腫瘍だったらどうしよう……。


帰ってくると、こたのシャーシャー攻撃はさらにひどくなりました。せっかく落ち着きはじめてたのになあ……。はじめは「シャー!」とか甲高い声を出すだけだったのが、ついに手まで出すように。わたしもやられるところでした。あのやさしいこたがこんなに豹変するなんて……。無言で耐えるみかんは、それでもこたに近づこうとします。こたのすべてを受け入れて、なんとか和解の糸口をさぐろうとするようで、見ていて痛々しい。

そのうちみかんは和解をあきらめて猫ベッドに丸くなり、まだうなっていたこたは、ブラッシングしてやるとだんだん落ち着いてきました。

090206_230001
みかん

090206_230002
こた


こたが悪者に見えるけど、こたも怖がってるんですよね。わたしは両方の心のケア(みかんは体も)にはげまないとね。

みかんはあしたも点滴です。

| | Comments (6)

2009.02.05

みかん、半日検査入院

みかんが嘔吐&食欲不振のため、火曜日(3日)に病院へ連れていきました。熱はなく、触診と聴診でも特に異常は見られず元気もあるので、一過性のものだろうということで、吐き気止めの薬をいただいて様子を見ることに。

ところが依然吐くし(1日1回)、ごはんもほんのちょっとしか食べない、でも元気という微妙な状態で、いつまで様子を見てていいのかなあと思っていたら、昨夜遅くに下痢も加わったので、きょうまた病院へ連れていきました。

血液検査は異常なし。レントゲンでは、小腸の一部が腫れているように見えるので、バリウムを飲ませて造影検査をしたいといわれ、7時間ほどあずけることになりました。

家に帰っても心配で何も手につかず、悪いほうにばかり考えてしまいました。でも夕方迎えにいくと、とりあえず小腸に異物が詰まっていることはないようで(ひも状のものが小腸にからまってしまうのがいちばん怖い)、ほかの病気の可能性がゼロというわけではないけど、おそらく腸炎だろうという診断で、シロップのお薬(イチゴ味!)を飲ませることになりました。

やれやれと安心したのもつかの間。家に着いてみかんをキャリーから出すと、迎えにきたこたがいきなり「シャー!」

ショックでしたよ。なにをされても怒らないこたがですよ。いや、正確にいうと、今は亡きちょんたがみかんに対して威嚇したときに、みかんを守るようにちょんたに対して「シャー!」といったのが最初で最後。……と思っていたのに。

病院帰りの猫を、お留守番の猫が威嚇するという話はよく聞くけど、うちは大丈夫だと思っていたのよ。だってみかんが避妊手術で1泊入院して帰ってきたときは、消毒薬まみれの体をみかんが毛づくろいするのを手伝ったりしてたんですよ。そのあともずっと寄り添ってたし。それなのに……。で、はじめは「?」という顔をしていたみかんは、こたに近づこうとすると「シャー!」、目があっただけで「シャー!」とひたすら威嚇されまくるので、すっかりしょげてしまいました。

Pa0_0022
警戒モード。(こた)

Pa0_0011
そろ~。(こた。右手前の白いのがみかん)

Pa0_0010
距離を置いて様子をうかがう。(奥がこた)

Pa0_0008
わたしのひざに乗ろうとしてみかんがいるのに気づき、「シャー!」(こた)

Pa0_0007
しょんぼり……。(みかん)

病院でがんばってきたのに、この仕打ちはあんまりだ。でもこたも、知らない匂いがするから怖いんだよね。無理やり近づけようとすると逆効果だろうし、わたしは見守るしかないんだけど、早くもとの仲良しさんにもどってほしいなあ。この状態が長く続くと、どちらもストレスがたまって心配。

でも全身緊張していたこたは今は少し落ち着いたのか、布団にもぐりこんで寝てしまいました。みかんはわたしのそばで寝ています。

| | Comments (2)

« January 2009 | Main | March 2009 »