« みかん、波乱の1日 その1 | Main | みかん、波乱の1日 その3 »

2004.02.21

みかん、波乱の1日 その2

2004年2月21日

 診察室に入ると、まずこたを診察台に。傷跡をひと目見て「大丈夫。もうなめても糸を引きちぎっても平気」とのこと。カラーももうはずしていいらしい。よかった。
 次にみかんの乳首。いちばん下だけだと思っていたら、ほかの乳首のところも同じようになっているらしい。「あ~、これはおとなになってきた証拠ですね」といわれ、一安心。避妊手術をすればおさまるらしいので、手術の予定を少し早めることに。
 そして尿検査の結果は、なんとストルバイトの結晶が出ていた。この年で、しかも女の子なのに尿結石~!? 同じものを食べているこたがならないのに~。先生には今のごはんがよくないといわれてしまった。ナチュラルバランスなのに(;_;)。「尿道結石・下部尿路疾患等に配慮」とちゃんと書いてあるし。しかしそんなものは当てにならないらしい。そういうごはんを食べていても結石になる子はなるし、配慮してないごはんでもならない子はならないと。まあ、にょらも15年間安いごはんを食べ続けたけど結石にはならなかったしね。でもそんなことをいうと、何を基準にごはんを選べばいいのか。添加物だって、使用していないと書いていてもあてにならないというし。
 みかんに関しては、まだそれほど重症ではないのでごはんで改善していくことになり、療法食を処方された。また療法食か……。にょらのことが脳裏をよぎる。食べてくれるかなあ……。それに療法食だって添加物が入ってるのよね……。

|

« みかん、波乱の1日 その1 | Main | みかん、波乱の1日 その3 »

Comments

The comments to this entry are closed.