« 甘えん坊 | Main | 悪いみかんとかわいいみかん »

2003.12.16

ぷち脱走

2003年12月16日

 はじめのうちはちびらには1階のみで暮らしてもらい、少し大きくなったら家の中全面解禁にするつもりだったけど、まだその決心がつかずにいる。というのも、こたがぷち脱走魔だからだ。人の出入りのすきにドアから飛び出して、つきあたりの洗面所まで廊下をずばばばば! と駆け抜ける。人が入ってくる気配を察知して、ドアの内側で待ち構えているのだ。こっちもそれを予測してドアを少しずつ開け、足で阻止できるように準備しているのだけど、敵も日々訓練をつんでいるので、隙間をうまくすりぬけて出てしまうことが多い。この調子でもし玄関から出られてしまったら大変だ。外は車の多い通りが近いから心配。1階だけだとドアを閉めてしまえば玄関まで出られないけど、2階も解禁にすると、階段が玄関のすぐ横にあるからどうしようもない。
 ちびらの体の大きさだと1階だけでもまあまあ十分な広さだと思うけど、やっぱり自由にさせてあげたいもんね。理想は、わたしが外から帰ってきたらふたりで玄関で出迎えてくれることなんだけど。にょらは最初のマンションのときに一度脱走したことがあったけど、引越してからは玄関が開いても出ようとしなくなった。もともとノラだったので、最初のマンションのときは外もテリトリーだったけど、引越し先では外は未知の世界だから出ようとしないのだと思っていた。でもちびらは、特にこたは、はじめてうちにきた日から走り回って家中を探検した。知らない場所だろうがおかまいなしという感じだった。だから脱走されるのが怖い。男の子って出たがるものなのかなあ。今までの猫はみんな女の子だったから、そういう点では苦労しなかったけど……。もうちょっと時間がたてば、この家の中だけが自分たちの世界というのを認識してくれるようになるのかなあ。庭ぐらいなら出してもいいかな、とちらっと思ったこともあったけど、出すとますます脱走の危険性が出てくるので無理だな。

 こた1640g、みかん1460g。

|

« 甘えん坊 | Main | 悪いみかんとかわいいみかん »

Comments

The comments to this entry are closed.