Main | December 2003 »

2003.11.30

しかけ

2003年11月30日

 みかんがまたシステムキッチンの上に乗った。猫の飼い方のある本には、霧吹きで水を吹きかけるとよいと書いてあったのでやってみたけど、きょとんとしただけで効果なしだった。別の本には、乗ると大きな音がするとか鍋がひっくり返るとかのしかけを作っておくとよいとあった。そんなしかけ、どうやって作るかまで書いてくれ。案だけならわたしにも出せる。それに、鍋がひっくり返ったらもっと危ないと思うぞ。
 そこでわたしは考えた。ゴミ箱のふた経由で乗るので、レモンを半分に切ったものをみかん袋に入れてゴミ箱の付近につるしておく方法だ。猫ならレモンのにおいがきらいなはず。レモンは今家にないので、あした買ってきてやってみよう。結果は後日。

 こた1280g、みかん1190g。2匹比べてみても、90gも違うように見えない。どちらかというと、こたのほうがスリムに見えるのになぁ。どこにその90gが入っているのだ?

| | Comments (0)

発見

2003年11月30日

 肛門嚢の穴みっけ! ひざに乗ってきたこたがいつも以上にスルメ臭いので、しっぽをめくってみたら、お尻の穴の左右4時と8時の位置に(先日調べたとおりだ~)穴があって、透明の液体が少しにじんでいた。今までは臭いときに見てもわからなかったのだけど、きょうはお尻の穴がちょっと開いていたのか、いつもはシワに隠れている部分が少し見えていたので、よくわかった。遊んで興奮しているときとか嬉しいときに臭い気がする。でもこの臭い液体を服とかにつけられたらいやだなあ。そんなことを考えているとみかんが見にきたので、こたのお尻をなめてもらった。この液体って、たびたび出るものなのかなあ。今度病院に行ったときに聞いてみよう。

 おとといから、ウォーターボトルで水を飲ませることにした。ペットボトルをさかさまにして取りつけるタイプので、ノズルの先にステンレスの玉が内蔵されていて、なめて玉をころがすと水が出てくるようになってるやつ。器に水を入れておくと暴れてこぼすことがあるし、ほこりが浮いていたりもするのでこのほうがいいような気がして。うさぎ小屋とかに取りつけてあるのを昔よく見たことがあって、それで飲んでいる姿がかわいいから一度使ってみたかったのだ。犬猫用があるのを最近知って嬉しかった。
 ノズルが中に向くようにケージの外側に取りつけ、興味津々で見にきたちびらの鼻をノズルの先につけて、水が出てくるのを覚えさせた。はじめはきょとんとしていたけど、2~3回繰り返したらわかったみたい。最初はなめる力が弱すぎてなかなか水が出てこず、不思議そうにしていたけど、わりとすぐにコツをつかんだようだ。1匹が飲みにいくと必ずもう1匹もまねして飲みにいき、ノズルを取り合っている姿はなかなかかわいい。

| | Comments (0)

2003.11.28

試行錯誤

2003年11月28日

 きのうの朝までにこたは首輪に慣れたようだけど、みかんは寝ているとき以外はずっと首を掻いているので、2匹ともはずしてやった。ところがきょうちょっとひらめいて、わたしの愛用のトルマリンブレスレットをみかんの首につけてみた。かわいい♪ サイズも指2本入るぐらいでちょうどいい。しばらく様子を見ていても、首輪よりだいぶ細いせいか、かゆがらずに平気にしている。こたには青いビーズのブレスレットをつけてみた。すると、口で取ろうとしてブレスレットに下あごがひっかかり、はずれなくなってもがく。何度はずしてやっても同じことを繰り返す。だめだ~。あっちを立てればこっちが立たず。もうおそろいにするのはあきらめて、こたは首輪、みかんはブレスレットでいくことにした。こたは首輪は大丈夫だったはず。なのになのに、さっきみたいに口で取ろうとしてあごをひっかけるようになってしまった。太さがあるだけに(1センチぐらい)がっちりあごがはまってしまい、わたしが救出しようとしても暴れてなかなかはずれず、大変なことになりかけた。だめだ。これじゃ留守にもできない。わかりましたよ、もうあきらめます。はずしてあげるわよ。
 ちびらは首についていたものがはずれてせいせいした様子だった。しゅ~ん。首輪させたかったなぁ。
 午後、出かけたとき、またひらめいてしまった。100円ショップに立ち寄り、カラーゴム(髪を束ねるやつ)をゲット。帰ってさっそくちびらの首に。こたはラベンダー色、みかんはピンク。かわいい~~~♪ ゴムなら何かあっても簡単にはずれるし、大丈夫じゃないかな~。これで慣れさせて、ゆくゆくは鈴つきの首輪に替えると。こたは最初何度か取ろうとしたけど、あごが引っかかっても自分ではずせるようになり、そのうち何もしなくなった。成功かも~(^-^)v。

 こた1200g、みかん1120g。

| | Comments (0)

2003.11.26

1日2食&首輪

2003年11月26日

 朝ごはんのとき、2匹ともいつもの量で足りないようだったので、試験的に1日2食にしてみることにして、ごはんを追加した。最近、ごはんを少し残して30分ぐらいたってから残りを食べることが多かったので、3食から2食に切り替えるのはむずかしいかなあ(1食の量がふえるので)と思っていたところだったので、チャ~ンス! と思ったのだ。でもきょうはふやしてもちゃんと食べてくれた。お昼も、わたしがごはんを食べていても催促することもなく、機嫌よく遊んだり寝たりしていた。そして夜も、朝と同じ量を平らげた。な~んだ、あっさり切り替え成功だ~。

 夕方、ネットで注文した首輪が届いた。シンプルだけど、デニム地でなかなかかわいい。さっそくちびらにつけてみると、つけるときはじっとしていたのに、つけ終わったとたん暴れだした。鈴が気になるらしく、くわえようとしてあごを引いて胸をそらすので、立ち上がった状態になり、そのまま後ろに倒れたりジャンプしたり、それはもう大暴れ。しばらくそれが続いた後、今度はしきりに首輪のあたりを後ろ足で掻き始めた。かゆいのかなぁ、それとも取りたいのかなぁ。あんまり掻いてると、にょらみたいにハゲちゃうかなぁ。
 猫じゃらしで気をそらしてみると、なんかいつも以上に白熱していた。そのあとわたしが夕飯の準備にキッチンに立つと、今度は大暴走を始めた。1階の端から端までものすごいスピードで駆け抜けるのだ。そんなにいやなのかぁ~? ちょっと悲しいぞ。
 でも1時間ほどで疲れたのか、ダイニングの椅子で2匹寄り添って寝てしまった。やれやれ。このまま慣れてくれればいいけど……。
 室内飼いだから首輪は必要ないといえば必要ないんだけど、鈴がついていると、もしどこかに入り込んだりしたときに見つけやすいのと、やっぱりかわいいからつけたいんだもん~。

 こた1180g、みかん1100g。すごい差がついてしまった。

| | Comments (0)

2003.11.24

やられた~

2003年11月24日

 布団におしっこを~(T^T)。みかんの仕業だ。前々から危ないとは思っていた。布団を敷くと、爪を出さずにさわさわさわ~と掛布団をひっかいてはすわるという動作を何度か繰り返すので、怪しいと思ってトイレに連れていくと、おしっこをする。いつも夜、布団を敷いた直後にそうするので、今まではなんとか現場を取り押さえて事なきを得ていた。ところがきょうは朝だった。にょらのお供えの水とカリカリを入れ替えていたときだったので、油断していた。気づいたときにはみかんは掛布団にすわりこんでいた。やばい! と思って抱き上げたらすでに布団にしみが……。そのままトイレまでみかんを空中移動。液体が点々と軌道を描く。おしっこしながら運ばれるみかんもいやだっただろうけど、こっちも泣けたぞ。掛布団カバーとシーツはすぐに洗濯機へ。中の羽毛布団にも染みとおっていたけど、ぬらしたキッチンペーパーでふいたらしみもにおいもなんとか消えた。
 トイレはちゃんと覚えたはずなのに、布団の手触りが気に入ったのか、すわり心地がいいのか、一度ここでおしっこしてみたいと思っていたらしい。今は布団の上げ下ろしをしているからまだいいけど、元のベッドの生活にもどったら、掛布団は出しっぱなしだ。1日中危ないじゃん。困った~。

 こた1110g、みかん1080g。どんどん大きくなっていくけど、ひざに乗っている姿なんかはまだまだ子猫。あんまり早くおとなにならないでね~。

| | Comments (0)

2003.11.22

またまたみかん

2003年11月22日

 お昼ごろ、「毛づやがよくなってきたねえ」とちびらの背中をなでていたとき、みかんの肩甲骨のあたりに直径2センチぐらいのこぶのようなものを発見。ももももしや、腫瘍か何かでは……? 病院の午後の診察は4時からなので、そのあいだにネットでいろいろ調べてみる。乳腺の腫瘍は多いけど、背中というのはほとんどみつからない。それに、腫瘍ができるのはもっと年齢のいった猫が多いみたいだ。ワクチン接種で腫れが生じることもあるらしい。これかも。元気だし痛そうでもないし、大丈夫だと思うけど、病院に行かずに手遅れになったら一生後悔するので、やはり診ていただくことに。
 先生はちょっとさわってみて、注射の反応かな、とおっしゃった。まれに炎症を起こすことがあるらしい。ワクチンはもう少し上に打ったと思うけど、先週の2回の注射がこのあたりだった気がする。さわった感じでは腫瘍とは思えないとのこと。次のワクチンを12月4日か5日とし、それまで様子を見ることに。そのあいだに大きさや硬さに変化があればすぐに連絡するようにといわれる。
 とりあえず大丈夫そうでよかったけど、みかんってばほんとに心配させてくれるわねぇ。
 病院の待合室で、年配の女性がキャリーをのぞきこんで「まあかわいい♪」といってくださった。にょらの病院通いのときにときどき見かけた人だ。その人のところには17歳のにゃんこがいるらしい。いつもひとりできて輸液パックをもらっていたので、同じような病気かな、とちょっと親近感を持っていたけど話したことはなかった。きょうも少ししか話せなかったけど、そのにゃんこにはぜひがんばって長生きしてほしい。

| | Comments (0)

2003.11.21

芸をしこむ

2003年11月21日

 ちびらに言葉を教えることにした。まずは「ごはん」。ごはんを待っているときにゃ~にゃ~鳴くので、その都度わたしが「ごは~ん」といって覚えさせる作戦だ。昔飼っていたトラという猫は、教えもしないのにおなかがすくと「ごは~んごは~ん」といってつきまとっていた。にょらは「おはよう」がいえた。ちびらにもぜひ言葉を覚えてもらいたい。

 午後、体調がよくないのでソファで寝ていたら、ちびらも寄り添って一緒に寝ていた。こういうときって、なんかすごく幸せ。でもわたしが目を覚ますととたんに暴れだす。どうもわたしが見ているときのほうが暴れるような気がする。ずっと暴れていたのに、わたしが2階にあがってしばらくして下りてくるとケージの中で寝ていたり、出かけていて帰ってきたら、それまで寝ていたようなのにわたしの顔を見たとたん暴れだしたり……。

 夜はテレビで『101』をなんだか真剣に見ていた。

 体重は、こた1050g、みかん1010g。見た目はみかんのほうが大きく見えるのになあ。

| | Comments (0)

2003.11.19

パワー全開

2003年11月19日

 きょうはみかんもパワー全開で、朝から大運動会。キッチンのほうで音がしたので見にいくと、ふたつきのゴミ箱からシンクへと飛び乗り、2匹並んでシンクの中をのぞきこんでいた。あわてて叱ってちびらを降ろしたけど、あ~あ、ついにここまで乗るようになってしまったか。包丁とかいろんなものがあるし、ガスコンロもあるし、キッチンは危険がいっぱいなのよね~。どうしよう。にょらはこういうところには乗らなかったのに……。シカゴにいたときに一度だけ乗ったことがあって、大声で叱ったら目をしょぼしょぼさせながら「ごめんなさい、ごめんなさい」と何度もいい、それ以来2回引っ越したけどキッチンのカウンターやシンクやガスコンロには絶対に乗らなかった。ちびらは何度叱ってもにょらの仏壇には顔をつっこむしテーブルには登るし、しつけってむずかしい~。

 そろそろまたごはんの量をふやす時期かなと思い、晩ごはんのときに食べっぷりを見ていたら、先に食べ終えたみかんがこたのごはんを横取りしようとした。追加のごはんを取りにいき、空のお皿の前にしょぼんとすわっている子に「みかん、おかわり持ってきたよ~」といってよく見ると、それはこただった。みかんは図々しくこたのごはんを食べている。こたもおとなしく取られてるんじゃないよ。

 こたはついに1キロ突破。1010g。みかんもがんばって970g。

| | Comments (0)

2003.11.18

元気だけど……

2003年11月18日

 ごはんはみかんはナチュラルバランスで、こたはナチュラルチョイスにしたのだけど、こたは粒が大きいのをものすごい形相で食べている。ときどきオエッと涙目になったりするので、かわいそうになってきた。わたしが見ても、子猫にこの粒の大きさはあんまりだと思う。歯を丈夫にするとかそういう目的があるのかもしれないけど……。あしたからこたもナチュラルバランスにしてあげようかな。もう高いごはんを買っては無駄になるのもにょらで慣れてしまって、なんとも思わなくなってきた。

 みかんは朝はまだ元気がなくて、こたにちょっかいを出されて鳴いてばかりいたけど、夕方ぐらいから元気になって走り回るようになった。こたと取っ組み合いもするようになったけど、寝ているときにちょっかいを出されるとすぐ「ぴ~~」と鳴く。そんなに痛そうでもないのに大げさに鳴く。単に遊ぶのがめんどうなだけで、鳴くとわたしが助け舟を出してくれると思って調子にのっているようにも見える。女の武器ともいえるな。そうなるとこたがかわいそうになってくる。

 体重はみかん940g、こた990g。あしたは1キロか?

| | Comments (0)

2003.11.17

まだいまいち元気なし

2003年11月17日

 朝目覚めると、またこたに枕を占領され、わたしは頭半分しか乗っていなかった。だんだん態度がでかくなっていくゾ。
 朝ごはんはこたもみかんもしっかり食べた。キャリーを買ったときについてきたサンプルのカリカリがなくなったので、お昼はナチュラルチョイスをあけてみた。子猫用なのに、粒がものすごく大きい。こたはがんばってバリバリ食べている。少し前まではカリカリが苦手そうだったのに、歯が強くなってきたね。みかんは1粒食べただけでやめてしまった。大きすぎて食べにくいのか、味がきらいなのか。しかたがないからナチュラルバランスをあけた。粒はさっきのよりだいぶ小さい。食べるかどうかわからないから手に少しだけ乗せてみかんに見せると、喜んで食べた。何度もおかわりして、結局一食分は軽く食べてしまった。
 食欲はすっかりもどった様子なのに、みかんはまだなんとなく元気がない。こたがちょっとちょっかいを出しただけですぐ鳴くし、ほとんど抵抗もしない。わたしが抱っこしても弱々しい声で鳴く。でもおもちゃをいじったりはする。走り回らないみかんはなんか哀れな気がして、ついかまいすぎてこたがやきもちを焼く。みかんを抱っこしたらこたも抱っこして同じように接しているつもりだけど、みかんと遊びたいのに遊べないもどかしさも伝わってきて、こたもかわいそう。みかん、早く元気になろうね。

 体重はこた980g、みかん920g。完全に逆転してしまった。

| | Comments (0)

2003.11.16

回復

2003年11月16日

 ゆうべはにょらの仏壇の横にみかんのケージを置き、その前に布団を敷いてこたと寝た。明け方4時ごろなんか音がするので見てみたら、みかんが横にだら~んと寝そべったまま頭だけ起こしてごはんを食べていた。横着なやつだ。でも食欲がもどってきたみたいでよかった。
 また寝なおして7時半に目を覚ますと、枕をこたがしっかり占領していてわたしは布団の端に追いやられていた。
 みかんは左手をちゃんとつけてすわっていてさわっても痛がらないので、ケージから出してやる。さっきもごはんの残りを食べていたので、こたの分のごはんだけ用意して食べさせていると、みかんが横取りしにやってきた。それでみかんにもごはんを入れてやると、ちゃんと食べた。すごい回復ぶり。

 病院でまず熱を測る。先生が体温計をお尻に入れると、「ぴゃーーーーー!!!」とものすごい大声。わたしがヘタだから鳴いていたわけじゃなかった。女の子だからはずかしいのかもね。平熱になっていたので一安心。注射もきょうまでにしましょうとのこと。痛い注射らしいのに、きのうもきょうもまったく無反応だった。体温計ではあんなに騒ぐのにね。

 帰るとまたこたがちょっかいを出そうとしたけど、「みかんはまだしんどいんだから、そっとしといてあげようね」といいきかせたら、おとなしくなった。「ダメ!」としかるより、いいきかせるほうがわかるのかな。きょうはお天気がよくて暖かいので、それぞれ居心地のいい場所でひなたぼっこ。気持ちよさそうに寝ている姿を見ていると癒される。
 夕方、にょらのお気に入りだったガーフィールドのベッドで寝ているみかんが何か音をたてるので見てみると、舌をちろちろ出しながら口をちゅぱちゅぱしている。おかあさんのおっぱいを飲んでる夢でも見てるのかな。かわいい。

| | Comments (0)

2003.11.15

いきなり病院通い~ その2

2003年11月15日

 朝起きて熱を測ると少し下がっていたけど、今度は左手がおかしくなっていた。ずっと左手を上げたまますわっていて、歩かせるとびっこをひく。こたに噛まれた? でも外傷はないし。きのうはあのあとじっとしていたから、暴れて捻挫とか骨折とかしたとは考えられないし。寝ているあいだにわたしがつぶした可能性は……ないと思うけど……。そして病院へ。
「左手だけですか?」と聞かれたが、そういえば数日前、ごはんを待っているときに右手をあげたり左手をあげたりしていた。招き猫みたいでかわいい~と思っていたのだけど、そのときからおかしかったのかも。レントゲンの結果は異常なし。カルシウムの代謝異常だろうとの診断だった。子猫にはときどき見られるらしい。病院ではほとんどケージでの生活だったのが、うちにきて急に運動量がふえたため、カルシウムの消費が多くなりすぎたのが原因ではということだ。断定はできないらしいが、数日間注射に通って様子を見ることになった。薬と、ごはんに混ぜるようにと粉ミルクをいただいて帰った。
 安静にといわれたので、みかんをケージに入れる。病院に行く前にカリカリを少し食べたけど、食欲があまりなさそうだったので粉ミルクをお湯で溶いて飲ませることにした。おいしそうに飲んでくれた。
 こたは元気があり余っているようで、ケージの外からみかんにちょっかいを出すのでわたしが遊んでやった。でもみかんと遊べないと、なんだかつまらなそうだ。
 午後、みかんはカリカリをけっこう食べたけど、それ以降はまったく食べなくなったので、夜また粉ミルクをお湯で溶いて飲ませることに。でも器に入れて鼻先に持っていっても飲まないので、注射器で口の横から入れてみた。飲んだ! 口をくちゃくちゃさせてかわいい(*^-^*)。哺乳瓶を買っておけばよかったなぁ~。
 日中はずっと寝ていたけど、夜になって少し元気そうな顔になってきた。早くよくなってね。

| | Comments (0)

いきなり病院通い~ その1

2003年11月15日

 きのうの夜、みかんが元気がないのに気づいた。8時半。病院の診療時間はとっくに終わっているけど、電話してみたら先生が出てきてくださった。
「みかんがなんか元気がないみたいなんです。晩ごはんを食べなくて……。あ、でも夕方にょらのお供えを盗み食いして、あまりにお腹をすかせてるみたいなのでカリカリを少しあげたんです。でもさっきからずっとじっとしてて、こたがちょっかいを出しても無抵抗なんです。夕方まではものすごく元気だったんですけど……」
 なんだかわたしの説明も要領を得ない。とりあえず体温を測ってみてまた電話するようにとのこと。
 人間用の体温計をひとつちびら用にすることにして、先にサラダ油をぬってみかんの肛門に。死にそうな声をあげて暴れる。わたしもはじめての経験なのでおどおどしながら、「ごめんね~~~」といいながら、苦労してなんとか測定終了。39.93度。電話したら連れてくるようにいわれた。
 ワクチン接種から4日たってるのでその影響とは考えられないから、知恵熱のような一過性のものだろうとのことで、注射を打っていただいた。
 帰ると、退屈していたこたがみかんに攻撃をしかけるので、こたをケージに隔離。みかんをソファに寝かせてそばについていると、こたが「ひょ~~~」と情けない声で鳴いて異常に寂しがったので出してやった。こたのちょっかいを手で阻止しているうちに、こたもおとなしくなって寝はじめた。
 いつものように布団にちびらを連れ込んで就寝。

(字数制限を超えてしまったので、次に続く)

| | Comments (0)

2003.11.12

くちゃい

2003年11月12日

 こたのお尻はちょっと臭い。うんちがついているわけでもないのに、ときどきぷ~んとにおうことがある。これってもしや、ウワサの肛門嚢(臭腺)ってやつか? 病院の待合室でわんちゃんの飼い主さんがこれについて話しているのを聞いたことがある。ときどき絞ってもらうとかなんとか……。猫にはないと思っていた。にょらも臭くなかったし、昔飼っていた猫も2匹(♀)とも臭くなかった。みかんも大丈夫。なぜこただけが臭いんだぁ? 調べてみると、オスもメスも肛門嚢はあるらしいのに。オスは縄張りを主張したりするからにおいが強いのかな。どんなにおいかっていうと、なんかスルメのような……。臭いけどきらいじゃない(へんかなあ?)。でも炎症を起こしたりすることがあるらしいので、気をつけてあげないと。

 最近こたが強くなってきた。うちにきた当初はみかんのほうが取っ組み合いをけしかけることが多くて、こたは負け気味だったのに、このごろはみかんが悲鳴をあげることが多い。見た目はこたのほうがちょっと寂しげな顔で弱そうなのに、がんばってるなあ。
 でもそうやって2匹でじゃれあっているうちに、力加減とかを覚えてきたようで、はじめの数日はわたしも手をかまれて血が出たりしていたのに、軽くかむようになってきた。えらいゾ。

 体重はともに900g。どんどん大きくなる。

| | Comments (0)

ごはん

 朝も昼もみかんはごはんを残した。でもあまりに元気なので、様子を見ることに。みかんの残したごはんは30分ほどで片づけるつもりでそのままにしておいたら、ちょっと目を離したすきに空っぽになっていた。
 夕方、みかんにカリカリを少しあげてみたら、がつがつ食べたので問題なしと見た。
 晩ごはんを食べるのを見ていて気づいた。みかんはカリカリのほうが好きらしい。今は缶詰とカリカリの2種盛りにしていて、徐々にカリカリの量を増やしていってるのだけど、みかんはカリカリを選んで食べている様子。そういえば、残していたのも缶詰のほうだった。あしたからみかんはカリカリのみにしよう。こたもカリカリはちゃんと食べれるようになったけど、もう少し缶詰も食べてもらおう。だってきのう買い足したばかりだし。

 体重はともに860g。こたはすごい追い上げだ。さては、みかんの食べ残しを食べたのはこただなあー。

| | Comments (0)

2003.11.10

ワクチン

2003年11月10日

 このごろみかんは、トイレのふちに手をかけておしっこするようになった。きのうまではお尻をつけていたのに、今朝見てみると、なんと後ろ足が浮いている。トイレのふちにかけた手をつっぱり、その力で体が持ちあがっているのだ。芸にはならないけどなんかすごいぞ。

 午前中、第1回目のワクチン接種に行った。きょうはお天気が悪いせいか珍しくだれも来てなかったので、待合室で「まあかわいい♪」といってもらえなかった。
 診察室でキャリーから出すと、先生もスタッフの人もなんだかなつかしそうにちびらをかまってくださる。「どう? かわいくなったでしょう~」と内心得意な気分。注射の瞬間はどちらも「ぴよぴよ」と鳴いていたけど、さほど動じていなかった。検便の結果も異常なし。でも寄生虫がいてもたまたま検出されないこともあるので、次回のワクチンのときも検査することになった。
 終わってからも先生はちびらをかまい、なんか別れがたい感じだった。よちよちの頃からミルクで育ててきたんだから、我が子のように思って当然よね。わたしも哺乳瓶でミルクやってみたかったなぁ~。
 きょうはあんまり動かさないようにといわれたのに、家に帰るといつものように大運動会。ケージに閉じこめるのもかわいそうなのでそのままにしておいたら、お昼ごはんをはさんで軽く2時間は大暴れ。やがてソファで寝はじめたので、しばらく様子を見てから2時間ほど出かけたが、帰ってきてもまだ同じところで寝ていた。
 晩ごはんはこたはいつもどおり食べたけど、みかんが少ししか食べなかった。食いしん坊のみかんなのに。ちょっと心配。でもワクチンのあと元気がなくなることがあると聞いていたので、一時的なものだろう。あしたの朝ももし食べなければ、病院に電話してみよう。
 みかんのお皿はそのまま残し、わたしもごはんを食べた。そのあと見てみたら、なんとお皿はからっぽ。みかん? まさかこたじゃないよね? おなかをさわってみると、どちらもぽんぽこりんになっていた。たぶんみかんが食べたんだな。ちょっと安心。

 病院で量った体重は、こた820g、みかん860g。なぜかみかんが減っている。

| | Comments (0)

2003.11.09

盗み食い

2003年11月9日

 みかんは悪い。にょらの仏壇に顔をつっこんで、お供えのカリカリを盗み食いする。きょうは目を離したすきに2度もやられた。仏壇を置いてある台にこたも一緒に乗っていることもあるけど、こたはカリカリには興味がないらしく、ふんふんと花のにおいをかいでいるだけだ。どっちが女の子だよ。

 体重は一気にふえて、こた810g、みかん870g。

| | Comments (0)

2003.11.08

しあわせ

2003年11月8日

 ゆうべは真夜中の大運動会に最後までつきあうことができた。ひとしきり暴れたあと、ちびらは自然に布団の中にもぐりこんできた(^-^)v。
 いつもは6時にちびらの朝ごはんだけど、きょうは休みなので、目覚ましを7時にセットしておいた。どうせ「ごはんくれ~」コールで起こされるだろうと思っていたのに、なんと6時には起きていたちびらは、わたしが起きるまで静かに遊んでいてくれた。なんていい子たちなんでしょう(親バカ丸出し)。おかげで8時前まで寝てしまった。目が覚めたらちびらはまた布団の中にいた。しあわせ~♪

 先日注文したバスケット型のキャリーが届いた。やった~。来週のワクチンはこれで連れていくもんね~。籐のキャリーがほしかったのよ。かわいいし。ペットショップだとめちゃ高くて手が出なかったのだけど、ネットでセールのを見つけたのだ。
 上から中が見えるので、病院の待合室で「まあかわいい♪」なんていってもらえるね、きっと(親バカ丸出し)。

 きょうはどちらも体重が10gずつふえて、こた750g、みかん800g。

| | Comments (0)

2003.11.07

やった~♪

2003年11月7日

 ゆうべ1時ごろまでソファでうたた寝してしまい、気づいたらちびらがわたしに寄り添って寝ていた。おーしっ! きょうこそは一緒に寝てやるぞ~と思い、布団を敷いたとたん、また大運動会が始まった。そして不覚にもわたしはその途中で意識不明に。気づいたら朝だった。案の定ちびらはいないし(;_;)。なんと、キャリーの中で2匹くっついて寝ていたのだ。なにもそんな狭いとこで寝なくても……。布団で寝ようよ~。
 夫を駅まで送っていったあと、胃が痛むのでちびらを強制的に布団に連れ込んで寝ることにした。1時間ほどで目が覚めると、ちびらは布団の中にいた(うひょ~♪)。といってもなぜか足元に。「こた~。みかん~」と呼んでみると、こたがのそのそと布団から出て枕元にやってきて、またもぐりこんできた。いやん、こたちんかわいい♪ 起きようと思ったけど、さらに30分ほどぐずぐずしていた。これよこれ。この幸せがほしかったのよ~。

 お昼のごはんは、缶詰にカリカリを少し混ぜてみた。ヒルズのグロースはこたが食べづらそうだったので、ロイヤルカナンのベビー用にした。こっちのほうが粒が小さくて薄い。
 こたはちゃんと噛み砕きながら食べているようだけど、時間がかかる。半分ほど食べたところでみかんが完食。こたのごはんを横取りしようとするので取り押さえた。時間はかかったけど、こたもなんとか完食。
 夜はカリカリを混ぜてしばらく置き、缶詰の水分でふやかしてから与えた。すると今度はこたもいつものペースで、みかんとほぼ同時に食べ終えた。しばらくこの方法で、徐々にカリカリの量をふやしていくか。

 体重はどちらもきのうと変わらず。

| | Comments (0)

2003.11.06

2階デビュー

2003年11月6日

 今までずっと1階のLDKと和室のみがちびらの生活空間だった。というのも、階段を落っこちるかもという心配があったのと、どこかに入ってしまうと探すのが大変なので目の届く範囲に置いておきたかったからだ。
 でもきょうはこたが妙に廊下に出たがったので、まずこただけ出してみた。すると1階の廊下や玄関を走り回って探検し、そのあと階段へ。けっこうぴょんぴょん駆け上がる。なかなかの冒険家だ。上がって正面のベッドルームと隣の部屋をちょこちょこと見て回って、いちばん奥の部屋には入らず階段を下りていった。
 次はみかん。みかんは意外と慎重だった。こたのようにいきなり走り回ることはせず、くんくんしながらじっくり探検。2階の部屋はひととおりチェックして満足げに下りていった。
 2階も解禁にしようかなと思ったけど、やっぱりもうしばらく1階だけにしよう。だってソファの後ろの7センチほどのすきまにも楽々入れるから、どこに入られちゃうかわかんないもんね。気づかないところに危険が潜んでるかもしれないし。もう少し大きくなるまでおあずけだね。わたしももうしばらく1階で寝る生活だ。

 2匹とも、だれが教えたわけでもないのに、ごはんを食べ終わるとわたしのひざにちょこんと乗って顔を洗い、気がすんだらケージの中に入ってくつろぐ。にょらの点滴用に買ったけど10分しか使わなかったケージがこんなに役に立つとは。

 きょうはこた740g、みかん790g。6日で200g近く増えてるゾ。子猫を育てるのははじめてなので、順調なのか増えすぎなのかいまいちわからない。デブにだけはなってくれるなよ。

| | Comments (0)

ちょっとさみしい

2003年11月5日

 今まではつぶすといけないので、寝るときはケージの中に入れていたのだけど、ゆうべ初めて一緒に寝てみた。
 なかなか寝てくれず、2匹で暴れる暴れる。顔も踏まれるので、わたしは布団をかぶってやりすごすしかなかった。そのうち遊び疲れたら、ちびら(2匹まとめての呼び名)は布団の中に入ってきて寝始めた。
 3時ごろ目が覚めて確認してみたら、1匹しかいない。てっきりこただと思ったらみかんだった。ちょっと意外。こたはキャリーの中で寝ていた。なんか、冷たいじゃん。そのあとまた暴れだし、しばらくすると布団の中へ。
 朝起きてみたら、2匹ともケージの中で寝ていた。さみしい……。一緒に寝ようよ~。

| | Comments (0)

Main | December 2003 »